2018年5月の休診日・・・3、4、6、13、20、27(5日は診察有)
2018年6月の休診日・・・4、11、18、25
(求人)トリマーさんを追加募集しております(詳しくはお問い合わせ下さい)

2018年02月05日

マイクロピペットとチップ

病院では色々な消耗品が定期的になくなっては注文しています。
1516952839537.jpg
写真はマイクロピペットに使う「チップ」です。
DSC_1655.jpg
細かい液体を正確に吸引してくれるマイクロピペットにて使用します。
このチップが1回注文すると1袋に500〜1000個単位で届きます。さらに通常の医療通販で買うと1袋1万円以上しますふらふら
(自分は半額ぐらいで買えるショップで購入してますが)
1516839189518.jpg
このピペットをよく必要とするのが、血液検査のマシンたちです。
特に写真の「イヌC-反応性タンパク濃度測定装置 Laser CRP-2」ではマイクロピペットが必要です。
Screenshot_20180127-225952.png
当院で所有している電解質測定ドライケム800Vや、アンモニア測定ドライケム100Nなどでもピペットを使います。
DSC_2825.jpg
動物用血液凝固系測定器・COAG2NVもマイクロピペットがないと検査が出来ません。
基本、血液検査関係はマイクロピペットが必需のようです。
DSC_0528.jpg
同時に使用しているドライケム7000Vでは犬CRPや電解質も測定できて、マイクロピペット不要と便利に測定できるのですが、他の器具に比べると測定幅が狭い場合や、全血で測定できない場合があります。

開業当時はドライケム7000Vを買っただけでCRPや電解質測定できるので、アローズCRP-2やドライケム800Vの必要性を感じませんでしたが、両方の検査マシンを揃えている獣医師が多い理由が最近分かった気がします。
(やっとこの数年で、当院の検査マシンも他院様に近い設備量になってきたかも?)
今後もちょっとずつですが、一般的な検査・治療が出来るように引き続き設備も揃えていきたいと思います。

by マリオカートツアー 遊んでみたいですスタッフM
web拍手 by FC2 posted by clema at 01:00 | 病院案内